岐阜県関市の工務店 -平田建設株式会社-
お電話でのお問い合わせはこちらからどうぞ
岐阜県加茂郡坂祝町のお客様の声
そばの里 深萱ふ〜ど様(岐阜県加茂郡坂祝町) 新築
平田建設さんを選んだ理由
長かったサラリーマン生活にピリオドを打ち(卒サラ)、人生の集大成期間である・残りの25年を、愛する妻と二人、ノンビリ・ゆったり生きたいと考えました。でも性分で、毎日をただ・ただ遊んで暮らす事は出来そうもありません。そんな訳で、そば嫌いがそばの虜になってしまった経験を基に、一人でも多くのそば好きを増やしたいと考え、趣味で続けたそば打ちを、プロとしてやって行こう…と決意しました。

店舗を建てなければなりません。妻が46歳の時、技能高等専門校・建築科に1年間通った経験から、色んな構想が浮かびました。考えては練り直しましたが、行き詰まり、やっぱり専門家にお願いしよう…と、設計を頼む事にしました。前職の関係で、一級建築士や建築関係の方々と付き合いがありました。しかし、これらの方々には一切話しませんでした。少しでも妥協があるとギクシャクするのでは…と考えての事です。年賀状交換程度の知り合いだった東京の設計士さんにボク等の夢を話したところ、「是非やってみたい」と返事がありました。遠方から所用でこちらに来られる度、足を伸ばしてもらえました。

打ち合わせが始まり、いよいよ建築会社の選考です。彼から「予定の会社は?」と。「縁ある建築会社が多すぎて何処にも話してありません。そちらで決めてください。但し、あくまでも予算内で出来る会社が条件です」と答えました。東京の設計士さんです。大変困られたと容易に推測できます。暫くして、「この地域を歩いてみました。何軒か目に付く建物があったので何処の建築会社か尋ねたところ、2社の名前が多くここに絞りたい。一緒に会ってみますか」と。「ボクは会いません。予算内で出来る一社に絞り込んでください」と答えました。また暫くして、「一社(平田建設さん)に絞りました。未だ会っていません。一緒に、予算内で出来るか話しましょう」と。

見積もりが出てきました。残念ながら希望の予算とかけ離れています。三者で数回話し合いの場を持ちました。値切りたくありません。妥協も出来ません。材料の変更や下請けの変更等を依頼しましたが、両者の希望には、なかなか届きません。この時、1ヵ月半・ロンドンでのそば打ちの予定がありました。期日が迫ります。設計士さんに、「値切る事だけはしたくない。もう無理ですね。慌てる事ないので、諦めます。帰ってから、別の会社で」とお願いしました。

設計士さんは、「一点だけ気になるところがあるので、もう一回だけ話し合いましょう」と。この話し合いには社長さんだけが来られました。この時、「いい加減な仕事は出来ないので、この価格でお顔いします」と社長さんが。それでも予算とは未だ開きがありました。設計士さんは「長谷川さんの当初の希望予算を坪単価にし、設計の段階で削れなくて増えた面積にこれを掛けるとほぼ提示金額になります」と。「分かりました。再度、資金調達します。よろしく」とお願いし、平田建設さんに建てていただく事になりました。社長さんの「いい加減な仕事は出来ないので」と言う答えが、今も耳に残っています。

工事中の様子
嬉しい・ありがたい出来事で一杯です。出来る限り予算内となる様、何度も重ねた話し合いで、使用材料の質を落としました。設計士さんの知る資材で、こちらの希望を最低限叶える物に幾つも変更していました。例えば、瓦は少々焼き斑のある二級品に。玄関の上がり枢は、自然な雰囲気を出す"のた"のある板を希望していました。これを、一番安い・のた付き"足場板"に変更していました。

工事が進んでくると、現場監督さんから設計士さんに「屋根葺きさんが嫌がるので瓦は一級品で」と変更です。ボク等も了承しました。同様にのた付き"足場板"は、「そんなの探すのが困難だからこれにしていいか」と、大満足品です。同様に幾つもの変更がありました。これが追加工事ではなかったのです。その後、お客様で、同様に平田建設さんで家を建てたと言う方に、同じ様な体験があり「大満足だ」と聞きました。ボク等も、本当によい方とめぐり合った…と、喜んだものです。

他にも、工事の進んでゆく中で変更は付き物です。設計の指定書に無い物も出てくるから、当たり前の事です。その都度、平田建設さんから設計士さんに連絡が有り、設計士さんがボク、否・妻(ボクは毎日ソバ畑へ。妻が施主代行?)に変更の同意を求めてくれました。これらの進め方に、ボクはそれまでを振り返って、いい縁だ・いい縁だ…と感動で喜びを覚えたものです。

余談ですが、当初、知人のある建築会社社長から、「東京の設計士なんか頼んで、しかも設計士任せの建築屋で、メッチャメチャにされて後で泣かんならんぞ、遅ない。止めとけ」と、忠告を受けていました。それに、家を建てると言うのは、追加工事や追い金問題でトラブルが当たり前。ボク等もこれらのトラブル話はよく聞いていました。こう言う話は、素人相手で当たり前です。が、忠告に耳を貸す気は全くありませんでした。

結果は、東京の設計士さんで何不自由ありませんでしたし、初めて顔を合わせた平田建設さんに一度も嫌な事を感じた事がありませんでした。それどころか社長さんは「奥さん、腕があるのだから、材料を分けてあげるから、家の工場で自分でテーブルを作ったらいい」と言って貰ました。テーブルを買う予算も建築費に回す事が出来るので、妻はこの話に乗り、あの細腕で全部のテーブルを作ったのです。この時、工場内の機械も同時に借用した様です。

ある日の事です。駐車場に落ちているタバコの吸殻を拾っていると、そこに来た社長さんが「すみません、すみません。家の大工が捨てたんやねぇ」と言いながら、吸殻を拾い、何気なく作業着のポケットに。以後、社長さんは、来る度まずごみ拾いです。「黙ってやってりゃ、そのうち分かって貰えると思っているのですが、迷惑かけてすみません」と。こんな事が、何気なく出来る社長のいる会社はやっぱり凄い!と、感動でした。タバコの吸殻は、大工さんではなく代わる代わる来る出入り業者でした。それに、現場はいつも綺麗でした。

これはボクの偏見かもしれませんが、閑話休題で一つお話します。自宅を建てる時などでは、設計と建築会社と別にする事はまず無いのが普通でしょう。平田建設さんにも一級建築士さんがいます。だから、建築会社の方で「たかがこんな工事で別に設計士を…と面白くないのでは?」と想像していました。話を戻します。この設計図を見た平田建設の現象監督さんは、「これはいい物が出来るぞ」と。そして完成になった時も「わし、言っとたやろ。いいのが出来ると」と。勿論、図面では分からなかったボクも大喜びです。設計士さんもこれを聞いて微笑んでいました。

建築後の住宅の様子
快適です。ここはそば屋と言う店舗です。多くの方々が出入りしています。現場監督さんの言う通り「いい物」が出来ました。「何処で建てた」と言う質問はしょっ中です。中には「幾らかかった?」と。そんな時は「建築会社の方に本当によくしてもらって、多分想像よりかなり安く出来ていると思います」と答えています。

忘れられない出来事にこんな事がありました。ご年配の婦人が帰ろうと立ち上がった時、足を踏み外して転落。近くの病院で腕の骨折が判明した事故でした。この時、偶々、平田建設の社長の息子さんがお客様で、これを目撃。昼の営業が終わると同時に、二度と同じ事故が起きない様その日のうちに改善です。すばらしい対応には感動です。まだまだ書ききれません。使い勝手で直しが出来た時も、素早く対処していただきました。否、いただいています。

感想・激励
<感想>
ボク等の理想とする建築会社でした。頭の中(知識)で、顧客満足度が最重要と分かっていても、その局面に来ると目先の損得を図ってしまうのが普通です。ボク等も毎日の営業で、トラブルの対処は顧客満足度を最優先にやっています。でもこれは、厨房にいるボクはその時冷静だから的確な指示が出せるだけの事です。現場で瞬時に判断する時は、過ちを犯し易いのが常です。いとも簡単にこれを行う平田建設さんの様な会社があるから、ボク等も見習いどんな時も頑張れます。

兎にも角にも、今回の建築はボク等のイメージを設計士さんに絵(図面)にして貰い、平田建設さんに絵以上の姿で具現化して貰った店舗です。畑の真ん中の分かりにくい場所まで足を運んでくれた方々に、そばの味だけではなく、ノンビリ・ゆったり、幸せなひと時を感じて貰いたいと願っていますし、それを実現させてもらっています。多分、今のこれは建築会社が平田建設さんじゃあ無かったら違っていたのでは…?と、大いに喜んでいます。

<激励等>
この店の建築(今も含め)でしていただいた事は、十分過ぎる物があると感謝しています。これが激励を超えたお世辞と伝わっては大変です。でも本心。全ての建築会社が平田建設さんの様な会社だったら、建築に関するトラブルは起きません。顧客満足度最高の建設会社を是非これからも続けてください。建築業界の優良最先端企業として。
深萱ふ〜ど様(岐阜県加茂郡坂祝町)の声 深萱ふ〜ど様(岐阜県加茂郡坂祝町)の声 深萱ふ〜ど様(岐阜県加茂郡坂祝町)の声 深萱ふ〜ど様(岐阜県加茂郡坂祝町)の声
星の数ほど存在する住宅メーカー・工務店の中から、弊社をお選び頂いた事、誠に光栄に思います。又、身に余るようなお褒めの言葉も頂戴し恐縮しております。

お蕎麦にこだわられているオーナー様ご夫妻ですが、建物にもこだわりといいますか、確固たるポリシーのようなものが感じられました。どれだけその情熱に応えられるか、社長をはじめスタッフが一丸となって取り組ませて頂きました。その結果、ご満足して頂けるものが出来て本当に良かったです。

又、深萱ふ〜どさんにはお店でも弊社の宣伝をして頂いたようで、沢山のお客様を紹介して頂きました。大変感謝しております。そのお顔を潰さないためにも、ますますの努力をして多くのお客様に喜んで頂けるよう励んでまいりたいと思います。

深萱ふ〜どさんはさしたる宣伝もなく、そして奥まった場所にある店にもかかわらず、蕎麦好きの方々に愛され、連日沢山のお客様でにぎわっておられます。私どもも深萱ふ〜どさんを見習い、皆様から愛され、喜ばれる工務店を目指して行きたいと思います。
 
このお客様のこだわりの家はこちら
 
>> お客様の声一覧に戻る
 
 
 
 
岐阜県関市の工務店 -平田建設株式会社-
〒501-3924 岐阜県関市迫間404番地
TEL:0575-22-5424 FAX:0575-22-5759
Mail:info@ie-hirata.com
「本物の木の家」の資料請求はこちら
お電話でのお問い合わせはこちらからどうぞ